聖霊とは何か

聖霊は幻想と真理の間を仲介する。聖霊が実相と夢の間の隔たりに橋を架けるので、知覚は、聖霊に授けた恩寵を介して、智識へと行き着く。この恩寵は、真理を求めて聖霊に頼るあらゆる者への贈り物として聖霊に与えたものである。聖霊が架ける橋を渡って、すべての夢は真理のもとへ運ばれ、智識の光の前で一掃される。そこでは、情景も物音も永遠に消え去る。以前そうしたものが知覚されていた場所で、赦しが静かに知覚を終わらせる。

 

聖霊の教えがゴールとして設定しているのは、このような夢の終わりのみである。情景や物音は、恐れを証しするものから愛を証しするものへと、再解釈されなければならない。これが完全に成し遂げられたときには、学びがもつ唯一の真のゴールが達成されている。聖霊が知覚している通りの学びの成果へと聖霊によって導かれるとき、学びは、それ自体を超えて進み、永遠の真理へと入れ替わるための手段となるからである。

 

がどれほどあなたに自分の無罪性を認識させたいと望んでいるか、あなたが知ってさえいれば、あなたは神の声の訴えを無駄にしようとはしないだろう。また、自分で作り出した恐ろしい形象や夢のかわりに聖霊から与えられるものに、背を向けようともしないだろう。あなたが永遠に達成不可能なものを達成しようとして作り出した手段を、聖霊は理解している。そしてあなたがそれらを聖霊に差し出すなら、聖霊は、あなたが故郷を離れてさすらうために作り出した手段を用いて、あなたの心を真にくつろげるわが家へと戻してくれるだろう。

 

により智識の中に置かれている聖霊は、そこからあなたに向かって呼びかけ、あなたが自分の夢を赦し、正気と心の平安を取り戻すようにと促す。赦しがなければ、あなたの夢はいつまでもあなたを脅かし続けるだろう。また、夢の終わりを示す父の愛が、すべて思い出されることもないだろう。

 

の贈り物を受け入れなさい。それは、がただ愛そのものであるようにという、からへの呼びかけである。聖霊の贈り物であり、それにより愛し子に天国の静けさが取り戻される。はあなたが完全であることだけを意志しているのに、あなたはを完成させるという機能(はたらき)を担うことを拒みたいのだろうか。

 

奇跡講座 ワークブック編より